自宅で簡単にできるオリジナル健康法

お若い方から年配の方まで、体力の違いはあれど幅広くお勧めできる健康法として「ウォーキング」があります。

健康診断を受けた際に医師から運動を勧められ、ウォーキングを始めたなんて話は良く聞きますね。
ですが、ウォーキングは誰でも出来る簡単さは素晴らしい反面、どうしても季節や天候の影響を受けやすいです。せっかくウォーキングの習慣が出来て毎日続けたいのに、
「梅雨に入ってしまって歩けない・・・」
「夏は早朝か夜にシフトしないと、日中にウォーキングしたら倒れてしまう」
「でも夜は危ないし、早朝は早起きが辛い」
などという理由で、止めてしまった方も多いかと思います。

私の場合、とある病気の影響で長時間外出出来ないため、医師にウォーキングを勧められても出来るわけがなく長年困っておりました。
自宅でできる運動があることももちろん存じています。代表として、踏み台昇降やスクワットがありますが、これらはある程度筋力がないと体を痛めてしまいます。

例えば踏み台昇降の場合、腹筋が弱い方は腰を痛めます。(実際に私は痛めてしまいました)
スクワットの場合は、膝です。どんなにスクワット中の姿勢に気をつけていても、筋力が無い場合は膝が痛みます。

そんな私が発見した、家にいながらにして筋力アップできるオリジナル健康法!
たった30秒でうめき声がもれるほど筋肉がだるくなりますよ。

その一:まず、机や椅子などしっかりと固定されて多少体重を掛けても動かないものの前に立ちます
その二:机や椅子に指先を乗せ、体が倒れないよう支えにします
その三:かかとをあげてつま先立ち→かかとを下ろしますが床にはつけずギリギリのところでストップ。速度はできる限り早く。これを筋肉が辛い!と感じてから5秒経過まで続けてください。

かかとは床につけない。速度は早く、がポイントです。
細い筋肉には負荷を掛けた運動より、繰返し回数の方が重要と聞いてやり始めた運動です。

これがかなり効き目があり、20秒程度で辛くなってきます。
電子レンジで温め中の暇つぶし、洗濯機が終了するまでの待ち時間、色んな場所で簡単にできるのが魅力です。是非試してみてください。